ブログ
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして 

ジュニパーネットワークスは、本日2017年のITトレンド予測を、セキュリティ、クラウド/データセンター、サービスプロバイダの3カテゴリーにて発表しました。

詳細を読む...

2016 年 8 月:回避技法の検証

投稿者 J-Net_Japan_Blog_Team ‎10-31-2016 06:56 PM - 編集済み ‎11-08-2016 08:13 PM

今月のブログでは、8 月によくみられた、検知を回避するシンプルなドロッパー ファミリーの一例をみていきます。焦点は解析と検知を積極的に回避するために使用される技法です。今回のサンプルには著者のデバッグ情報が一部含まれており、プロジェクトに「ResourceDropper」というラベルが付けられています。

詳細を読む...

Juniper Sky Advanced Threat Prevention 対 Locky マルウェア

投稿者 J-Net_Japan_Blog_Team ‎10-19-2016 10:00 AM - 編集済み ‎11-08-2016 08:59 PM

はじめに

「Locky」は今年の 2 月 16 日に出現した新しいランサムウェア マルウェアです。ランサムウェアとはコンピューターに感染するマルウェアの 1 種のことで、何らかの方法でコンピューターまたはコンピューター上のファイルへのアクセスをブロックします。ランサムウェアの典型的な技法は、ドキュメントやその他の重要なファイルを暗号化することで、ファイルコンテンツへのアクセスを不可能にし、身代金の支払いを要求するというものです。

詳細を読む...

2016年7月に検出された新たな脅威

投稿者 J-Net_Japan_Blog_Team ‎09-29-2016 12:00 PM - 編集済み ‎11-08-2016 09:02 PM

(このシリーズでは、Sky ATPSky Advanced Threat Prevention)の解析エンジンによって検出された新たな脅威を紹介します。ブログは毎月1回の投稿を予定しており、今回が第1回目となります。)

 

7月、何万もの悪意のあるアプリケーションやドキュメントが、SRXのファイヤウォールを通過する度にSky ATPによって検出されました。これらのほとんどは既知の脅威でしたが、一部では、数種類のランサムウェア、さまざまな種類のトロイの木馬ドロッパースパイウェア不審なプログラムを含む新型マルウェアも検出されました。この記事では、2つの新種のランサムウェアと、検知を回避するために(ほぼ)ファイルレスのマルウェアに進化した脅威を取り上げます。

詳細を読む...

ジュニパーネットワークスは本日、コンテンツ/クラウド/サービスプロバイダ向けのクラウドとメトロネットワーク・インフラストラクチャ・ソリューションのプロバイダであるBTI Systems社の買収を完了したことを発表しました。

 

詳細を読む...

ジュニパーネットワークスは、2016年2月に創立20周年を迎えることができました。この節目にあたって、ジュニパーのこれまでの歴史を振り返りながら、今後についてお話ししたいと思います。

詳細を読む...

毎年恒例の「ジュニパーネットワークスによるITトレンド予測」をご紹介します。今年は、セキュリティ、データセンタ/クラウド、サービスプロバイダ/ルーティング、チャネルの4分野における2016年のトレンドを予測しています。

 

後半は、「データセンター/クラウド」と「サービスプロバイダ・ルーティング」に関連したトレンドをご紹介いたします。

詳細を読む...

毎年恒例の「ジュニパーネットワークスによるITトレンド予測」をご紹介します。今年は、セキュリティ、データセンタ/クラウド、サービスプロバイダ/ルーティング、チャネルの4分野における2016年のトレンドを予測しています。ブログでは前半・後半にわたって2016年のトレンド予測をご紹介しますのでお楽しみに

 

前半は、「セキュリティ」と「チャネル」に関連したトレンドをご紹介いたします。これからは、イベント会場などで公共Wi-Fiを使用したりBluetooth接続したりすると、重要なデータが盗み出されてしまう!ということになってしまうかもしれません・・・。

詳細を読む...

OpenStack Summitが東京で開幕!Contrailユーザによるセッションも多数

投稿者 J-Net_Japan_Blog_Team ‎10-21-2015 06:51 PM - 編集済み ‎10-22-2015 05:05 PM

まもなく、私が一番好きな業界イベント「OpenStack Summit」が、10月27日(火)に東京で開幕します。

 

このイベントが好きな理由は2つあります。まず、1つ目は、OpenStackに関する数多くの議論が行われ、急速なペースによる変化、考案、真の課題解決に触れられることが、実に爽快であることです。そして、2つ目が、このイベントのセッション枠を獲得する方法が、真の実力社会に基づいていることです。他の業界イベントのように企業の入札額の大きさでセッションが決まるのではなく、このイベントは、コミュニティのメンバーによる人気投票によってセッションが決定されます。真の実力を試すことができるのは素晴らしいことです。

詳細を読む...

9月25日(金)にOpenContrail Meet-upの開催が決定いたしました。

★お申し込みはこちら

詳細を読む...

例年、OpenStackでの講演者募集の締め切りがくるたびに、大きなニュースが飛び込んできますが、今回は、7月16日にGoogleOpenStackに参加というニュースがありました。

前回はエンタープライズの82%が、IT分野でハイブリッドクラウドを最も重視していることを示した「State Of The Cloud」レポートでした)

まさに不思議なタイミングです。というのも、その前日の7月15日に、協力関係にあるパートナー数社と共に、OpenStackおよびKubernetes環境でのSDNとインフラの相互運用性に関するセッションプロポーザルを提出したばかりだったからです。

詳細を読む...

ジュニパーネットワークスの次世代データセンター向けハイパフォーマンススイッチ「QFX10002」の精密なモックアップ(実物大モデル)を、秋葉原の最先端ものづくり施設DMM.make AKIBAとネットワークのイノベーターであるジュニパーネットワークスが共同で作り上げるプロジェクト“DMM.make x Juniper - QFX10K MOCK-UP PROJECT”。これまで4回に渡ってプロジェクトの様子をお伝えしてきた本連載もこれで最終回。個別に制作してきたパーツを組み上げて完成形にする最終アセンブリ(組み立て)をレポートします。

詳細を読む...

ジュニパーネットワークスの次世代データセンター向けハイパフォーマンススイッチ「QFX10002」の精密なモックアップ(実物大モデル)を、秋葉原の最先端ものづくり施設DMM.make AKIBAとジュニパーネットワークスが共同で作り上げるプロジェクト“DMM.make x Juniper - QFX10K MOCK-UP PROJECT”。現在進行中のこのプロジェクトの様子をお伝えするレポートの4回目は、最終組立の1つ手前の工程にあたる、金属表面加工や塗装を取り上げます。

詳細を読む...

ジュニパーネットワークスの次世代データセンター向けハイパフォーマンススイッチ「QFX10002」の精密なモックアップ(実物大モデル)を、秋葉原の最先端ものづくり施設DMM.make AKIBAとジュニパーネットワークスが共同で作り上げるプロジェクト“DMM.make x Juniper - QFX10K MOCK-UP PROJECT”。現在進行中のこのプロジェクトの様子をお伝えするレポートの第3回は、前回の3Dモデルデータ作成の次の工程、モックアップを構成する部品を削り出しや3Dプリントで作ります。

詳細を読む...

 

 

 

 

 

 

ジュニパーネットワークスの次世代データセンター向けハイパフォーマンススイッチ「QFX10002」の精密なモックアップ(実物大モデル)を、秋葉原の最先端ものづくり施設DMM.make AKIBAとジュニパーネットワークスが共同で作り上げるプロジェクト“DMM.make x Juniper - QFX10K MOCK-UP PROJECT”。現在進行中のこのプロジェクトの様子をお伝えするレポートの第2回は、最初の作業ながら最も重要な工程の1つ、モデルデータ作りです。

詳細を読む...