ブログ
Latest Articles
Kubernetes:カーネルについて

Kubernetes:カーネルについて

来たる KubeCon + CloudNativeCon North America 2019 に向けて、このイベントで話題をさらいそうなトピックに関するブログ連載をお届けしています。第 1 では、モノリシック アプリケーションからマイクロサービスベース アプリケーションへの移行を取り上げ、マイクロサービスがもたらすスピードや規模のメリットと、それらすべてをオーケストレーションする Kubernetes について紹介しました。

詳細を読む...

Moderator Moderator
Kubernetes の大規模なネットワークとセキュリティの課題を Contrail で解決

Kubernetes の大規模なネットワークとセキュリティの課題を Contrail で解決

今日のアプリケーションは、分散型で、マイクロサービスをベースとしています。マイクロサービスは、複数の障害ドメインで動作する複数のワークロードで構成されます。Kubernetes は、クラウドネイティブ アプリケーションの事実上のオーケストレータになっており、成長し続ける多彩なエコシステムがあります。ただし、課題もあります。その中でもセキュリティ、ネットワーク、分析が主な課題としてユーザー アンケートで挙げられています。

詳細を読む...

「Data Center Security Gateway」レポートで、ジュニパーネットワークスが NSS Labs から「Recommended(推奨)」の評価を獲得

「Data Center Security Gateway」レポートで、ジュニパーネットワークスが NSS Labs から「Recommended(推奨)」の評価を獲得

ジュニパーネットワークスは、今年の 「Data Center Security GatewayDCSG)」レポートで、NSS Labs から「Recommended(推奨)」の評価を獲得しました。 NSS Labs はジュニパーの SRX5400 ファイアウォールを、1 枚の SPC3 サービス カード上で Application Security Intrusion Detection PreventionIDP)を実行し、ファームウェア JNPR-11.0-20190316.df99236 を使用してテストしました。

詳細を読む...

Juniper Employee
脅威を認識するネットワークの力

脅威を認識するネットワークの力

Juniper Connected Security は、ジュニパーネットワークスのあらゆる情報セキュリティ製品を搭載できる便利なバスケットのようなものという、単なるマーケティングのキャッチフレーズを超える優れたソリューションです。それは、高度なネットワークの可視化、ネットワーク全体にわたる複数の適用ポイント、ネットワークと情報セキュリティ製品の間の相互接続の重要性に焦点を当てた情報セキュリティ戦略なのです。SecIntel がジュニパーのポートフォリオ全体に拡張されていることは、この戦略が実際に有効に機能していることを示しています。SecIntel によってネットワーク インフラストラクチャに脅威インテリジェンスが導入されることで、顧客は脅威を認識するインフラストラクチャを手にすることができ、自身のネットワーク インフラストラクチャによって攻撃に対処し、ユーザーやアプリケーションを保護できるようになります。

詳細を読む...

SamanthaMadrid
Self-Driving Network への移行過程で企業内を橋渡し

Self-Driving Network への移行過程で企業内を橋渡し

ネットワークは接続するためのものです。しかし、ネットワーク オペレーションが接続されておらず、IT 部門への橋渡しをする代わりに隔たりが生じてしまうことが起こり得ます。これは特に、SDNSoftware-Defined Networking)の世界で起こります。SDN が目指すのは、ネットワーク制御機能の抽象化と自動化を通じて、ネットワーク オペレーションの俊敏性を高めることです。しかし業界は、企業全体に包括的なソリューションを提供する代わりに、特定事例への対応を念頭においた、異質混合の SDN ソリューションを強制してきました。これにより、多くの企業は SDN 技術の可能性を最大限認識することができないでいました。これは意図した結果ではありません。

詳細を読む...

Contrail Insights によるデータ センター運用の簡素化

Contrail Insights によるデータ センター運用の簡素化

データ センターはインフラストラクチャ自動化の縮図であり、その最も先進的な形態であるクラウドは、ユーザーにとってまるで魔法のようなしくみのプラットフォームです。クラウドの構築にあたっては、さまざまな懸念をネットワークのオーバーレイやサービス API のカプセル化などにより抽象化レイヤーに分離することで、サービスの俊敏性とイノベーションが実現します。しかし、これらのレイヤーは、複雑さをただ隠すのではなく、抑えることができるのでしょうか。

詳細を読む...

Moderator Moderator
Latest Comments