ブログ
Latest Articles
ジュニパーネットワークスの 2019 年度ネットワーク自動化の現状レポート

ジュニパーネットワークスの 2019 年度ネットワーク自動化の現状レポート

各企業の IT 組織やネットワーク プロバイダは、何年もの間、自動化への取り組みを続けてきましたが、ここ数十年間における API やツールなどの自動化技術の進化、あらゆる要素のソフトウェア デファインド化、NetOps チームを支援する DevOps エンジニアリングの変革にも関わらず、大部分のネットワークおよびセキュリティの運用は引き続きマニュアルで行われています。それ自体は、興味深い状況です。しかし、IT の主要な技術の進歩がすべて、実質的には運用の変革に焦点を当ててきたものであることを考えると、実際の導入例の少なさは非常に憂慮すべき状況です。より効率的な運用には多くの依存関係があり、自動化は「あるとよい」ものから、必要不可欠な基本的な構成要素になりました。

詳細を読む...

ncolon
SRv6+ セグメント ルーティング ヘッダー - 利点

SRv6+ セグメント ルーティング ヘッダー - 利点

多くの人がセグメント ルーティングとは何かについてまだ調査している中、SRv6 に続いて SRv6+ がアップされました。ここでは、SRv6+ の利点と、これを手に入れることが不可欠だと考えている理由についてご紹介します。

詳細を読む...

Andrew Alston
MX シリーズ ルーター向けセキュリティ インテリジェンス

MX シリーズ ルーター向けセキュリティ インテリジェンス

ネットワーク事業者やセキュリティ エンジニアは、攻撃に対処し、ネットワークのセキュリティに取り組んでいますが、同時にネットワーク管理に関するワークロードとコストの増加に頭を悩ませています。ジュニパーネットワークスのセキュリティ インテリジェンスを MX シリーズ ルーターに組み込むことで、セキュリティをルーティング インフラストラクチャに拡張し、接続レイヤーを自動化された防御レイヤーに大きく変化させることができます。この組み合わせは JUNOS 19.3 で利用でき、ネットワーク事業者はセキュリティのレベルを向上させることができます。

詳細を読む...

Trevor_Pott
接続のすべてのポイントにセキュリティを拡張:cSRX によるコンテナ化セキュリティ

接続のすべてのポイントにセキュリティを拡張:cSRX によるコンテナ化セキュリティ

マイクロサービスを動作する低プロファイルのインフラストラクチャとしてコンテナを使用することにより、インフラストラクチャの別のレイヤーを保護する必要が発生します。Juniper Connected Security を導入すると、コンテナ化されたワークロードに対する業界屈指のセキュリティを確保し、アプリケーション内の個々のマイクロサービス間の通信全体に可視化と適用を拡張することができます。

詳細を読む...

Trevor_Pott
運用を簡素化する方法のオーケストレーション、分析、保護

運用を簡素化する方法のオーケストレーション、分析、保護

先月、同僚のブレット・レイ が、ブログでクラウドが日増しに複雑になっている状況について述べました。このブログでは、クラウド サービス プロバイダが、マルチクラウドに移行し、「Now Now World(すべてのものが即座に提供される世界)」において顧客の期待に応えるというニーズを抱える中、どのような複雑さに直面しているかについて説明しています。

詳細を読む...

Juniper Employee
拡張可能なセキュリティ

拡張可能なセキュリティ

ビジネス上の要求や、セキュアでポジティブな、常時オンのユーザー エクスペリエンスに対する期待により、IT とインフラストラクチャは拡大し続けています。また、インフラストラクチャの拡大に伴い、複雑さも増大しています。この複雑さがセキュリティ チームと運用チームの負担となり、従来の防御では対応できない盲点が生まれています。今日のインフラストラクチャのセキュリティを確保するためには、高度に可視化し、インフラストラクチャ全体において複数のポイントを強化しなければなりません。

詳細を読む...

Juniper Employee
Latest Comments