ブログ
Latest Articles
Self-Driving Network への移行過程で企業内を橋渡し

Self-Driving Network への移行過程で企業内を橋渡し

ネットワークは接続するためのものです。しかし、ネットワーク オペレーションが接続されておらず、IT 部門への橋渡しをする代わりに隔たりが生じてしまうことが起こり得ます。これは特に、SDNSoftware-Defined Networking)の世界で起こります。SDN が目指すのは、ネットワーク制御機能の抽象化と自動化を通じて、ネットワーク オペレーションの俊敏性を高めることです。しかし業界は、企業全体に包括的なソリューションを提供する代わりに、特定事例への対応を念頭においた、異質混合の SDN ソリューションを強制してきました。これにより、多くの企業は SDN 技術の可能性を最大限認識することができないでいました。これは意図した結果ではありません。

詳細を読む...

Contrail Insights によるデータ センター運用の簡素化

Contrail Insights によるデータ センター運用の簡素化

データ センターはインフラストラクチャ自動化の縮図であり、その最も先進的な形態であるクラウドは、ユーザーにとってまるで魔法のようなしくみのプラットフォームです。クラウドの構築にあたっては、さまざまな懸念をネットワークのオーバーレイやサービス API のカプセル化などにより抽象化レイヤーに分離することで、サービスの俊敏性とイノベーションが実現します。しかし、これらのレイヤーは、複雑さをただ隠すのではなく、抑えることができるのでしょうか。

詳細を読む...

Moderator Moderator
IT 分野で の2 つの大きな飛躍

IT 分野で の2 つの大きな飛躍

「これって本当に AI?」 このような質問をよく受けますが、そう思うのも無理はありません。製品を少し自動化しただけでこのような名称が使われるようになり、業界に「AI 対応」をうたう製品が増えています。

詳細を読む...

ジュニパーネットワークスの 2019 年度ネットワーク自動化の現状レポート

ジュニパーネットワークスの 2019 年度ネットワーク自動化の現状レポート

各企業の IT 組織やネットワーク プロバイダは、何年もの間、自動化への取り組みを続けてきましたが、ここ数十年間における API やツールなどの自動化技術の進化、あらゆる要素のソフトウェア デファインド化、NetOps チームを支援する DevOps エンジニアリングの変革にも関わらず、大部分のネットワークおよびセキュリティの運用は引き続きマニュアルで行われています。それ自体は、興味深い状況です。しかし、IT の主要な技術の進歩がすべて、実質的には運用の変革に焦点を当ててきたものであることを考えると、実際の導入例の少なさは非常に憂慮すべき状況です。より効率的な運用には多くの依存関係があり、自動化は「あるとよい」ものから、必要不可欠な基本的な構成要素になりました。

詳細を読む...

SRv6+ セグメント ルーティング ヘッダー - 利点

SRv6+ セグメント ルーティング ヘッダー - 利点

多くの人がセグメント ルーティングとは何かについてまだ調査している中、SRv6 に続いて SRv6+ がアップされました。ここでは、SRv6+ の利点と、これを手に入れることが不可欠だと考えている理由についてご紹介します。

詳細を読む...

MX シリーズ ルーター向けセキュリティ インテリジェンス

MX シリーズ ルーター向けセキュリティ インテリジェンス

ネットワーク事業者やセキュリティ エンジニアは、攻撃に対処し、ネットワークのセキュリティに取り組んでいますが、同時にネットワーク管理に関するワークロードとコストの増加に頭を悩ませています。ジュニパーネットワークスのセキュリティ インテリジェンスを MX シリーズ ルーターに組み込むことで、セキュリティをルーティング インフラストラクチャに拡張し、接続レイヤーを自動化された防御レイヤーに大きく変化させることができます。この組み合わせは JUNOS 19.3 で利用でき、ネットワーク事業者はセキュリティのレベルを向上させることができます。

詳細を読む...

Latest Comments